2018.08.07

大人も子供も一日中遊べる! 東京ならではの公園4選

こどもが遊ぶスポットの定番といえば公園。公園なら近所にいくらでもあるかと思いますが、歩いたり走ったりできるようになったこどもは、広い場所でのびのび遊ばせたい。そして、せっかく遠出するなら大人も満足できる環境だとうれしいですよね。そんな東京らしい公園を紹介します。

 

 

【駒沢オリンピック公園】さまざまな親子が集う世田谷ライフを象徴する公園

世田谷の高級住宅街のど真ん中にあり、都心からのアクセスも良好で人気の駒沢オリンピック公園。1周2キロほどのジョギング&サイクリングコースに沿って並ぶ3種類の児童公園では素朴な遊具でこどもたちが遊び、正月は広場で凧揚げ、春には新緑の並木の下を駆け回り、夏には「ジャブジャブ池」ではしゃぎ回るなど、季節を通して楽しめます。

 

さらに、3歳以下対象の自転車練習広場「チリリン広場」ではパパとママが必死にこどもたちの自転車デビューを応援。土の香る自由広場は、子犬と散歩する家族との触れあいの場。見知らぬ家族同士の会話も自然と弾みます。

周辺にはカフェも充実しているので、朝からふらっとでかけて一日中すごせます。
公園の玄関口にある「Mr.FARMER」は世田谷らしいおしゃれカフェ。朝7時から営業していてアメリカ西海岸のヘルスコンシャスなカフェを思わせる、体が喜ぶお野菜カフェです。洗練された内装の店内で味わうメニューは近隣の農家さんの作る「せたがやそだち」の野菜たちも多く、地元愛に溢れた一面も。

 

場所柄外国人の親子も多い駒沢オリンピック公園。さまざまな環境の親子と出会うことができる公園です。

 

駒沢オリンピック公園
[住所]東京都世田谷区駒沢公園1-1
[電話]03-3421-6431(公園管理所)

 

 

【葛西臨海公園】海と観覧車で最高の‘ヌケ感’を楽しむ公園

海と空を存分に楽しめる公園が葛西臨海公園。広大な敷地に足を踏み入れた瞬間、大人でさえ駆け出したくなる開放感に浸れます。

 

日本最大級の観覧車「ダイヤと花の大観覧車」では、地上高117m&1周17分の遊覧中、東京ディズニーリゾートやレインボーブリッジ、海ほたるや富士山までを一望できます。高いところが苦手という人は海岸付近の展望レストハウスで東京湾の大パノラマを楽しみましょう。広大な敷地は芝生エリアも充実。ボール遊びや凧揚げも楽しい。さらに通な親子は人工砂浜で糸とスルメを使って‘かに釣り’をしたり、バーベキュー場で友だち家族と一日のんびり過ごしたりとさまざまな楽しみ方ができます。

敷地内で一際目立つガラスドームの地下には水族館が。目玉はドーナツ型の大水槽を回遊するクロマグロと国内最大級の展示施設でのびのびと生活するペンギン。可愛いお子様ランチもおすすめ。外で遊び疲れたら、水族館でゆったり過ごすのもいいですね。

 

空と海に囲まれた世界で駆け回るこどもとの時間は、かけがえのない思い出になりそうです。

 

葛西臨海公園
[住所]東京都江戸川区臨海町6丁目 [電話]03-5696-1331(サービスセンター)

 

 

【国営昭和記念公園】一日では遊び尽くせない日本最大級の国営公園

国営公園の中でも、国内最大級の規模を誇る昭和記念公園。昭和天皇御在位50年を記念して造られた東京ドーム約39個分の広大な園内には、遊具やプール、広大な広場など、これでもかというほどこどもたちが喜ぶ施設があります。

20種類以上の遊具が集まる「こどもの森」では、ふわふわのトランポリンで遊べる「雲の海」や日本最大級の大きさを誇る「虹のハンモック」など多彩な遊びを楽しめます。東京ドーム2個分の広さの草原「みんなの原っぱ」では春は桜に菜の花、秋にはコスモスなど自然の移り変わりを体感。夏は、巨大スライダーのプールが格安で楽しめるなどなど、その質・量・広さ、どれをとっても国内最大級。1年中通い倒したい公園です。また、園内には日本庭園や盆栽苑、運動施設や昭和30年代の農村風景を再現した「こもれびの里」などもあり、老若男女みんが楽しめるみんなのための公園でもあります。

 

国営昭和記念公園
[住所]東京都立川市緑町3173 [電話]042-528-1751(管理センター) [料金]大人(15歳以上)450円、中学生以下 無料 [開園時間]9:30〜 ※閉園時間は季節により異なる

 

 

【明治神宮外苑にこにこパーク】都心のど真ん中にある親子のための憩いの場

明治神宮外苑といえば、東京随一のスポーツ観戦エリアですが、子育て家族にとっては安心してこどもを遊ばせられる場所であるということはあまり知られていません。

「明治神宮外苑にこにこパーク」は、敷地内にジャングルタワーやトランポリン、ゾウさんの滑り台など都心の公園では希少な大型遊具が揃い、こどもたちは体をめいっぱい動かして遊ぶことができます。さらに、砂場近くでは水を使ってのどろんこ遊び、滝や緑いっぱいの「にこにこ山」では小さな生き物観察と、都心とは思えないほど自然溢れた遊び場です。しかも監視員が常時こどもたちの様子をケア。人工芝やゴムの地面のエリアが多く、転んでもケガをしにくくて安心です。

 

さらにパパママに嬉しいのが、毎年5~8月に開催されるビアガーデン。この期間、遊べるスペースは小さくなりますが、入園料が安くなるうえ、こどもと遊び疲れた夕方に空の下でビールを一杯、なんて楽しみも。

 

明治神宮外苑にこにこパーク
[住所]東京都港区北青山1-7-5 [電話]03-3478-0550 [料金]大人300円、子供100円 [開園時間]10:00〜 ※閉園時間は季節により異なる

  • Twitter
  • Facebook

LINE